お腹痩せダイエットの食事と食べ物 炭水化物抜きダイエット&バナナダイエット

 

私達にとって毎日きちんと食事を摂るということ、食べ物を口にするということは日常生活の中で欠かすことが出来ないものです。

きちんと食事をしなければ、元気が無くなったり・仕事や学業に集中出来なくなったり・ストレスが溜まることにもなり、酷くなると何らかの病気になってしまうことさえあります。

故に朝昼晩の食事はしっかり摂らなければならないものです。

 

ただ、現代では数えきれないほどの食物が溢れています。

規則正しい食事をする習慣付けが必要とされています。

いつの間にかお腹が張ってきたりしますので油断大敵です。

 

そのような理由もあり現代ではダイエットを含めた食生活を心がけている人がたくさん見られるようになりました。

今回は、お腹痩せなどダイエット効果が期待できるものの中から一般的によく知られている炭水化物抜きダイエットバナナダイエットなど食事によるダイエット方法を紹介してみようと思います。

お腹痩せ 炭水化物抜きダイエット!

炭水化物抜きダイエットとは、食事の際に『ごはん類・パン類・麺類』を抜くことや糖質を摂らないようにしてダイエットすることを言います。

炭水化物に含まれている糖質の摂取量を意図的に減らすことで体質の改善を行ないます。

 

では具体的に『ごはん類・パン類・麺類』とはどのようなものを指すのかを挙げてみましょう。

 

(ごはん類)
カレーライス・チャーハン・丼・寿司・おにぎり・リゾット…

 

(パン類)
サンドイッチ・ピザ・トースト類・菓子パン・おかずパン…

 

(麺類)
うどん・パスタ・そば・ラーメン…

 

以上のような食事を摂らないようにします。

 

逆にどういうものを食べるのかというと、『肉料理』『魚介料理』『野菜料理』『卵料理』『豆・豆腐料理』…
いわゆるおかずのみを食べるということです。

お腹痩せに効く食事法って?痩せる食事とダイエットの深い関係

 

では具体的にどのようにするのか?

どのような効果があるのか?

について少し述べてみます。

 

炭水化物抜きダイエット 仕方&効果

実際のところ、いきなり主食であるごはん類やパン類・麺類を完全に抜くことはストレスに繋がったりしますので、慣れるまでは夕食のみを炭水化物抜きにすることなど勧めているものもあります。

無理して苦しいダイエットならば意味がないことと同じですから、そのように感じる場合は仕事や学業に集中する必要がある時間帯は通常通りに食べることをお勧めします。

 

そして夕食のみ炭水化物抜きの食事を取りましょう。

 

その内にダイエットそのものに自分の体が対応するようになりだしたところで、例えば炭水化物の量を減らしたり或いは全く抜いたりと体調に合わせながら調整していいと思います。

また主食に替わるおかずですが、出来るだけ調理するようにしていろいろな料理を食べるようにすることで炭水化物抜きの物足りなさをある程度補えるでしょう。

お腹痩せ!バナナダイエット!

バナナダイエットとは、例えば朝食をバナナに置き換えることをいいます。

 

あとの昼食と夕食はいつものように取ります。

朝食を低カロリーのバナナに置き換えることで摂取カロリーを減らします。

それと同時に他の2食に関して食べ過ぎを制限します。

 

バナナに置き換える食事は、必ず朝食でなければならないという訳ではありません。

朝食の替りに夕食をバナナダイエットにしてもいいでしょう。

 

或いは朝夕をバナナダイエットにすることも出来ます。

 

バナナダイエット 効果!

まずバナナの成分についてですが…

バナナには(ビタミンB・カリウム・ベクチン・食物繊維・ヒスチジン)が含まれています。

 

それぞれの成分について少し説明してみましょう。

 

(ビタミンB)

炭水化物や脂肪の分解を促進し、エネルギーに変える働きをします。

 

(カリウム)

高血圧の予防やむくみを解消する働きがあります。

 

(ベクチン)

ベクチンは食物繊維であり整腸作用をします。下痢や便秘を予防する働きがあります。

 

検証結果!効果有り!

以上、2つの食事ダイエットに関してお話しましたが、結論は効果的なダイエット方法であるということが分かりました。

 

但し、取り組みについての注意するべきポイントがあることも分かりました。

それは、新しいダイエットを始める時に注意してほしいことで、いきなりそのダイエット方法に自分の頭を切り替えてしまわないことです。

 

それぞれのダイエット方法には効果的な要素が十分に含まれていますので、自分の体と気持ちを徐々に順応させることにも注意してほしいということ。

その結果として、ダイエット方法を無理なく十分に活用できることになり、ひいては美しいボディラインを手に入れることになるでしょう。